藤田医科大学 がん医療研究センター

放射線治療

高精度放射線治療 定位照射, 体幹部定位照射, IMRT. VMAT(強度変調回転放射線治療)

高精度放射線治療装置(ノバリスTx、トゥルービーム)で、頭部の定位照射、肺癌、肝臓癌など体幹部定位放射線治療(ピンポイント照射)、脳、頭頸部腫瘍、前立腺癌など含む悪性腫瘍への強度変調放射線治療(IMRT)をミリ単位の位置合わせが可能な画像誘導放射線治療(IGRT)で行っています。

高精度放射線治療

強度変調回転照射法(Volumetric Modulated Arc Therapy: VMAT)はIMRTの応用型で、ガントリーが回転し、回転速度、照射線量、放射線遮蔽の動きを調整することで、腫瘍周辺の正常な組織への暴露を少なくし、照射時間を短縮できるため、放射線治療の精度と効果が高まります。
当院ではVMAT 専用治療計画装置(Ray station)を配置し積極的に照射しています。

強度変調回転照射法

診療体制

当院放射線治療は日本放射線腫瘍学会(JASTRO)認定A施設です。外部照射治療だけでなく、子宮頚がんや前立腺がんに対する小線源治療も行っています。常勤の放射線腫瘍科の放射線治療専門医3名、放射線治療専門技師、医学物理士と放射線治療専任看護師が治療にあたります。