藤田医科大学 がん医療研究センター

がん転移の芽を摘む

「転移がん幹細胞」をその芽の段階で摘む

がんは転移すると依然として完治は難しいとされます。私たちは、がん患者さんの手術検体を活用した生体モデルを用いて、肝臓などから転移の初期段階にある「転移の芽」を分離し、その性質を分子レベルで解析しています(図①)。
がん転移が特定の臓器に指向性をもって起こる原因を、がん研究の巨匠Pagetは735例の女性乳がん患者の死後解剖の結果をもとに考察し、1889年に「種と土」理論を提唱しました。さらに近年の研究で、がん組織形成の根源にあるとされる「がん幹細胞」の性質をもつがん細胞は、転移病巣をつくる「種」となることが分かりました。そこで、固形がんにおけるがん幹細胞理論を提唱したスタンフォード大学のClarke教授のもとで学んだ知見を活用して、「がん幹細胞」(「種」)が転移臓器の環境(「土」)に適応して「生着」する過程(図②、「がん転移の芽」)を解析しています。
これらの研究により「種と土」理論の背景にある機構を理解して、治療困難なほど大きくなる前に「転移がん幹細胞」をその「芽」の段階で摘む方法を見出すことを目指しています。

「転移がん幹細胞」をその芽の段階で摘む

文責 生化学 教授 下野洋平

関連文献
1. Goto H et al., Oncogene. 38;767-779, 2019.
2. Tominaga K et al., Oncogene. 36; 1276-1286, 2017.
3. Ijuin T et al., Cancer Sci, 107: 981-990, 2016.
4. Shimono Y et al., J Clin Med. 5;e2, 2016.
5. Nobutani K et al., PLoS One. 10; e0130032, 2015.
6. Isobe T et al., eLife. 3; e01977, 2014.
7. Dalerba P et al., Nat Biotechnol. 29; 1120-1127, 2011.
8. Liu H et al., Proc Natl Acad Sci U S A.107; 18115-18120, 2010.
9. Shimono Y et al., Cell. 138: 592-603, 2009.
10.Lobo NA et al., Ann Rev Cell Dev Biol. 23;675-699, 2007.