藤田医科大学 がん医療研究センター

お金について

医療費に関して、様々な制度があります。
どのタイミングで、どの制度を利用すべきか、患者さん・家族と一緒に考えていきます。

自己負担額について

お金に関する社会保障制度について

高額療養費制度

高額な医療費の自己負担額を軽減するために設けられた制度です。
年齢と所得によって自己負担額が定められています。
詳しい説明はこちら

障害者医療費助成制度

心身に重度な障害がある方が医療機関で受診した場合、医療費の自己負担額について助成する制度です。
詳しい説明はこちら

傷病手当金

サラリーマンや公務員などの公的医療保険の被保険者が、病気やケガ(負傷)の療養のため、仕事を休み、給与を受けられないなど、条件を満たした場合は、傷病手当金が支給されます。
詳しい説明はこちら

障害年金

障害年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。
詳しい説明はこちら

生活保護制度

国で保障する最低生活費に対し、年収(年金や給与など)が満たない場合、足りない分を扶助する制度です。
詳しい説明はこちら