藤田医科大学 がん医療研究センター

アピアランスケア

アピアランスケア

がんの治療には化学療法による脱毛や皮膚障害・爪の変化、放射線治療による皮膚炎、手術による傷や見た目の変化を体験することがあります。このようながん治療に伴う見た目の変化に伴う患者さんの苦痛への支援を当院ではアピアランス支援として、がんの専門の看護師やがん相談員が対応しています。

がんの治療中であっても、家庭や職場、社会の中で見た目の変化にとらわれず、患者さんがその人らしく生きること。アピアランス支援はそのための手段の一つです。

各項目別のよくあるご質問について、下記で基本的なお答えをしております。

個別のご相談に関しては、当院のがん看護外来で行っております。